ラオス人民民主共和国・地図や写真。国旗と緯度経度

ラオス人民民主共和国・地図や写真を紹介しているページです。

ラオス人民民主共和国・ヴィエンチャン

ラオス人民民主共和国(Laos)
ラオス人民民主共和国(Laos) ヴィエンチャン(Vientiane)
17.976451,102.6346
公用語 ラーオ語
面積 世界第79位
独立 フランスより1949年7月19日
政治 マルクス・レーニン主義を掲げるラオス人民革命党による一党独裁体制。憲法で、ラオスは「人民民主主義国家」と規定されている。
国家元首は、大統領。人民議会で選出され、任期は5年。前回選挙は、2002年2月24日に行われ、シーパンドーンが再選された。職務の補佐・代行のために副大統領がいる。
行政府の長は、首相。大統領に指名され、人民議会で承認を受ける。任期は5年。副首相が、3人。
備考 住民のほとんどはラーオ族でありそこに少数民族が連なる。しかしラオス政府はラオス国籍を持つものを一様にラオス人として定義しているため、公式には少数民族は存在しない。


首都・ヴィエンチャン(Vientiane)
ヴィエンチャン中心部凱旋門付近・緯度経度17.97069,102.61852

首都・ヴィエンチャン
ヴィンチャンの街は12世紀に既に形成されていた。セーターティラート王が1560年にビエンチャンをラーンサーン王国の首都として定めた。1707年、ラーンサーン王国が分裂した際、ヴィエンチャン王国の首都とされた。1779年、チャクリー王国(現在のタイ)のチャオプラヤー・チャックリー将軍(チュラーローク王=のちチャクリー王朝のラーマ1世)に征服され、チャクリー王国の領土となる。1827年、アヌ王がクーデターに失敗した際、シャム軍に滅ぼされる。1893年、ラオスがフランスの保護国となり、1899年に再びラオスの首都とされた。
 
タート・ルアン


パトゥーサイ
17.97069,102.61852


ワット・シーサケット
17.963102,102.61123