サウジアラビア王国・地図や写真。国旗と緯度経度

サウジアラビア王国・地図や写真を紹介しているページです。

サウジアラビア王国・リヤド

サウジアラビア王国(Saudi Arabia)
サウジアラビア王国(Saudi Arabia) リヤド(Riyadh)
24.648045,46.686869
24.664173,46.676659
24.690288,46.685196
公用語 不明
面積 世界第14位
統一 1932年9月23日
政治 サウード家による絶対君主制で、原始イスラム君主制に近い。要職は王族が独占しており、ギネスブックには王族の数が世界最大と記載されている。また、内閣も国会も存在せず、国王の命令が法律の公布と同意義になっている。
不文憲法国であるが、事実上クルアーン(コーラン)が憲法に位置付けられている。行政も国王命令の他、クルアーンやシャリーア(イスラム法)に則って施行される。
厳重な報道管制を敷いており、外国マスコミの内政事情取材を一切許さない。
備考 OPECの盟主的存在であり、石油などの天然資源の掘削と輸出が主な外貨獲得源(石油が外貨収入の約90%を占めている)となっている他、これらで獲得した外貨を世界各国で投資、運用している。
しかしながら製造業などは小規模なものしか存在せず、また巡礼者や業務渡航以外の一般観光客を受け入れていないことから、観光業による外貨獲得も非常に低い。


首都・リヤド(Riyadh)

リヤド、王宮政府付近・緯度経度24.648045,46.686869

首都・リヤド
サウジアラビア王国建国以前からサウジ王家であるサウード家の本拠地としてワッハーブ主義運動の中心になってきた。
リヤドは内陸の小都市でサウジアラビア建国以前は数万人が居住するに過ぎなかったが、第二次世界大戦後、石油の富がサウジアラビアに還流するようになると首都リヤドは爆発的に発展し、アラビア半島最大の都市へと変貌を遂げた。
 
キングダムタワー
24.711457,46.675246


ファイサリアタワー
24.690283,46.685352


マスマク城
24.631205,46.713487


リヤド市街地