ルクセンブルク大公国・地図や写真。国旗と緯度経度

ルクセンブルク大公国・地図や写真を紹介しているページです。

ルクセンブルク大公国・ルクセンブルク

ルクセンブルク大公国(Luxembourg)
ルクセンブルク大公国(Luxembourg) ルクセンブルク(Luxembourg)
49.60965,6.1313542
公用語 ドイツ語、フランス語、ルクセンブルク語
面積 世界第168位
独立 オランダより1867年5月11日
政治 立憲君主制
国家元首は大公。現在では唯一の大公の位を有している。この大公は、世襲制。内閣とともに行政権を執行する。
議会は一院制。全60議席、任期5年。議員は、直接選挙で選出される。また、議会に対して助言をする国務院(コンセイユ・デタ)がある。メンバーは全21名で、首相の推薦に基づき、大公が任命する。
備考  神奈川県や佐賀県くらいの広さの国土に、人口は46万人強(神奈川県は約870万人、佐賀県は約87万人)。
ルクセンブルクは、もともと丘の上に築かれた城を中心に発展した小国。


首都ルクセンブルク(Luxembourg)

ルクセンブルク中心部ノートルダム寺院付近・緯度経度49.60965,6.1313542

首都・ルクセンブルク
ペトリュス川がアルゼット川に合流する所に位置する。北緯49度36分、東経6度8分。
市の中心部にはノートルダム大聖堂および市庁舎がある。副都心のキルシュベルクには欧州司法裁判所、欧州投資銀行等の欧州連合の機関などが存在する。
ルクセンブルク市はその位置および地勢的理由のため、歴史を通じて軍事戦略拠点として重要だった。10世紀前後にボック城の周りが城塞となり14世紀にさらに強化された。ルクセンブルク公爵領は独立し中立を主張したが、城塞は1867年に分解されるまで残った。
 
市中心部の要塞都市
49.608797,6.127531


ノートルダム大聖堂
49.609551,6.131237