ポルトガル共和国・地図や写真。国旗と緯度経度

ポルトガル共和国・地図や写真を紹介しているページです。

ポルトガル共和国・リスボン

ポルトガル共和国(Portugal)
ポルトガル共和国(Portugal) リスボン(Lisbon)
38.712593,-9.1537184
38.697981,-9.2006605
公用語 ポルトガル語、ミランダ語
面積 世界第109位
独立 レオン王国から
1128年独立
1139年王国になる
1143年レオン王国国王が承認
1179年ローマ教皇が承認
政治 ポルトガルは戦前からの独裁制が長く続いたが、1974年の革命以来、立憲民主体制が定着した。 政府は直接普通選挙で選出される大統領(任期5年)、議会の勢力状況を考慮して大統領が任命する首相が率いる行政部、230人の議員(任期4年)からなる一院制議会及び国家最高裁判所を頂点とする司法部により構成される。
備考 住民はポルトガル人が大部分である。ポルトガル人は先住民であったイベリア人に、ケルト人、ゲルマン人、フェニキア人、ベルベル人が混血した民族である。かつての植民地から来たアフリカ系移民も少数ながらいる。
言語はインド・ヨーロッパ語族ロマンス語系のポルトガル語が公用語であり、ほとんどの地域で使われている。なお、ポルトガル語はアラビア語につぎ、世界第7位の話者人口を擁する。これはブラジルの存在による。北東部の町ミランダ・ド・ドウロでは、ミランダ語も公的に認められている。
宗教はローマ・カトリックが国民の97%を占める。ファティマはマリア出現の地として世界的に有名な巡礼地となった。


首都・リスボン(Lisbon)
リスボン政府付近・緯度経度38.712593,-9.1537184

首都・リスボン
ポルトガルの政治、経済、文化、教育の中心である。リスボン港はポルトガル最大の海港である。またリスボン大学を始めとする高等教育機関の所在地でもある。
大西洋に流入するテージョ川の河口に位置する港湾都市である。テージョ川河口には4月25日橋(1966年完成、かつてはサラザール橋と呼ばれた)とヴァスコ・ダ・ガマ橋が架かる。坂の多い街で市電とケーブルカーが名物
 
サン・ジョルジェ城
38.71397,-9.1334948


サン・ヴィセンテ・デ・フォーラ修道院
38.714728,-9.1256502


ジェロニモス修道院
38.697994,-9.205599


ベレンの塔
38.691725,-9.2158707


リスボンの光景