モロッコ王国・地図や写真。国旗と緯度経度

モロッコ王国・地図や写真を紹介しているページです。

モロッコ王国・ラバト

モロッコ王国(Morocco)
モロッコ王国(Morocco) ラバト(Rabat)
34.017678,-6.8365344
公用語 アラビア語(憲法上)
フランス語(事実上)
面積 世界第56位
独立 フランスから1956年3月2日
政治 立憲君主制を政治体制とし、議会は二院制を有し、下院の任期は5年で定数は325。国家元首は国王で現在はムハンマド6世がつとめている。
備考 アフリカで唯一のアフリカ連合未加盟国。
一年を通じて、大西洋上に海洋性熱帯気団が居座っており、常に北東の風(北東貿易風)が吹いている。このため、モロッコ沿岸を北から南にかけて寒流のカナリア海流が流れる。


首都・ラバト(Rabat)

ラバト中心部王宮付近・緯度経度34.003585,-6.8333396

首都・ラバト
町は大西洋に面し、ブー・レグレグ川(Oued Bou Regreg)の河口にある。ラバト・サレ地方の州都。川の向こう側にベッドタウンであるサレが広がり、両都市合わせて人口160万人の都市圏となる。沈泥により港湾機能は失われて来ているが、繊維、食品加工、建設などの産業が盛ん。絨毯製造は有名である。モロッコ最大の商業都市カサブランカに次ぐ第二の都市として、また首都としての機能のため、外国公館も存在し来訪者も多い。
 
王宮
34.003585,-6.8333396



ムハンマド5世廟ハッサン塔
34.023164,-6.8216041



シェラ
34.006928,-6.8215756


ウダイヤのカスバ 
34.030012,-6.8352139


ラバトの光景