ガーナ共和国・地図や写真。国旗と緯度経度

ガーナ共和国・地図や写真を紹介しているページです。

ガーナ共和国・アクラ

ガーナ共和国(Ghana)
ガーナ共和国(Ghana) アクラ (Accra)
5.5575053,-0.19034235
公用語 英語
面積 世界第77位
独立 イギリスから1957年3月6日
政治 国会は一院制で定数200、任期4年。大統領も任期4年。1992年以降複数政党による選挙が行われている。
備考 紀元前2000年紀のキンタンポ文化から始まる。新石器時代後期に位置づけられるこの文化の人々は、森林-サヴァンナの境界地帯に住み、交易をおこないつつも狩猟採集によって暮らしていた。
日本との関係では、野口英世がガーナで黄熱病の研究中に死去している。英世の故郷である福島県の福島県立医科大学が医師を派遣するなど関係も深い。


首都・アクラ (Accra)

アクラ政府付近・緯度経度5.5575053,-0.19034235

首都・アクラ
ガーナ最大の都市で、政治、経済、通信、交通の中枢。主な産業は食品加工、木材加工、紡績、被服、化学。
アクラはイギリスの西アフリカ植民地の拠点となった。内陸部への鉄道網が整備され、内陸部の鉱業と農業からの生産物を輸出する貿易港となり、アクラはガーナの経済中枢として発展した。
 
独立広場と独立記念門
5.5477961,-0.19238891



クワメ・エンクルマの記念碑


アクラの光景





ガーナ共和国・アクラ

ガーナ共和国(Ghana)
ガーナ共和国(Ghana) アクラ (Accra)
5.5575053,-0.19034235
公用語 英語
面積 世界第77位
独立 イギリスから1957年3月6日
政治 国会は一院制で定数200、任期4年。大統領も任期4年。1992年以降複数政党による選挙が行われている。
備考 日本との関係では、野口英世がガーナで黄熱病の研究中に死去している。英世の故郷である福島県の福島県立医科大学が医師を派遣するなど関係も深い。


首都・アクラ (Accra)

アクラ 中心部大統領宮殿付近・緯度経度5.5575053,-0.19034235

首都・アクラ
ガーナ最大の都市で、政治、経済、通信、交通の中枢である。主な産業は食品加工、木材加工、紡績、被服、化学などである。
 
独立広場
5.5490928,-0.19278396


クワメ・エンクルマの墓


クリスチャンボーグ城